マンションリフォームをスムーズに!事前準備が不可欠

マンションでは欠かせない!規約や細則の事前確認

マンションでは、管理規約でリフォームできる範囲などを定めていますよね。そこで、ルールをキチンと再確認してからプランニングする必要がありますね。覚えているつもりでも、もう一度、管理規約を読み直したほうがよいでしょう。リフォームできる範囲は、おおむね住戸の室内側の表面部分までですよね。さらに、管理規約以外にも、使用細則などで、住戸で利用できる設備、建材などを定めている場合がありますね。よくあるのは、床の材質や遮音性能に関する制限で、これは近隣の生活騒音に影響する性能だからなんですよ。

近隣対策や挨拶などはキチンと!

リフォームするからには、当然その場所にこれからも長く住み続けるわけですから、近隣挨拶はキチンとしておきたいものですよね。これは、戸建て住宅でもマンションでも同様ですよね。工事によって騒がしくなることを伝え、おおむねの工事内容と工事期間を説明しておくといいですね。挨拶する範囲や、タオルなど簡単な品を用意するかなどは、あくまで、施主の気持ち次第ですよ。全国一律で、こうするといった定めもありません。ただ、場所ごとの慣例を確認してから動いたほうが無難ですね。

十分に打ち合わせたい工事の段取り!

工事の段取りについては、特に大規模なリフォームの場合、仮住まいに移って工事するか、住んだまま工事するかという問題がありますよね。最近は、住みながら行うリフォームに対応する業者が多く見られますね。工期は長くなる代わりに、仮住まい費用を節約できる方法ですね。キッチンの場合、食事のしたくができない期間ができますよね。しかし、全工事期間中、使えないわけではないんですよ。1週間程度、外食などで我慢すれば、仮キッチンを使えるようにしてもらえますよ。こうした段取りも、納得してから契約することが大事ですね。

マンションリフォームは古くなった設備などを新しくすることで、快適に暮らせる環境を作ることが出来ます。