古くなった外壁はリフォームで綺麗にしよう!

外壁塗装には種類がある?

一軒家を立てた場合、20年も経つと少しずつ色々な個所が劣化したり壊れてきてしまいます。家を購入したら修繕費は必ずかかるお金ですよね。部屋の中だけでなく雨や風に吹き曝しになっている外壁も劣化してきてしまうのです。外から見えてしまう外壁はぼろぼろになってしまうとみっともないですよね。そんな外壁はリフォームする事によって綺麗にそして丈夫にすることができるのです。外壁塗装にはいくつかの種類があるので価格や耐久性で選ぶ事ができるのですよ。

耐久性が5年から10年の塗料とは?

初めて外壁にリフォームをする場合塗料はどれがいいのか?と疑問に思ってしまいますよね。外壁塗装にはいくつかのグレードがあるのですよ。価格を抑えてリフォームしたい場合にはアクリル樹脂塗料がおすすめです。透明度が高く高温にも耐える特徴がありますが、耐久性はそれほど長くなく5年~6年ほどとなっています。アクリルよりもグレードが上なのがウレタン樹脂塗料です。これは10年ほど前には一番利用されていた塗料で8年~10年と耐久性も長めになっているのですよ。

耐久性が10年以上の塗料とは?

外壁塗料には他にも種類があるのですよ。価格や耐久性などのバランスが良く、近年利用されているのがシリコン樹脂塗料です。10年~15年と耐久性が高くなっています。そして最も高価で耐久性が高いのがフッ素樹脂塗料です。耐久性は15年~20年と長いので何度も塗り替えは必要がなくなりますよね。このように外壁塗料にはいくつか種類があるので、リフォームの際には自分の家にはどれが適しているのかリフォーム会社と相談して決めると良いでしょう。

アパート塗装なら千葉では、塗装内容や塗装施工期間、塗装の種類などによって費用が異なるので確認が必要です。