雰囲気作りはやっぱり大事!飲食店舗物件にマッチするロケーションとは

飲食店でもジャンルによって異なる

同じ飲食店でも、そのジャンルによってベストな周辺環境は大きく変わってきます。例えば喫茶店でリラックスタイムを過ごしたい時、周囲が騒々しい繁華街の裏通りでは気分が台無しになってしまいますよね。洒落た喫茶店やレストランを開業したいのであれば繁華街でも高級感溢れ落ち着いた通り沿い、逆に大衆食堂や立ち食いそば店・ラーメン店を始め、客の入れ替わりが激しく集客やアクセス利便性を重視したい場合なら、駅近くの裏通りや多少騒々しい商店街の中の方がむしろ雰囲気的にマッチしているものなのです。

テーマ性を重視するならリゾート物件も視野に

サーフショップの併設カフェを始めリゾート色の強い飲食店を開業したいのであれば、直球勝負で有名リゾート地やその周辺エリアに店舗候補を探すのがベストでしょう。これらの店舗はより雰囲気造りや周辺環境が大事で、お客様にリゾート気分を満喫してもらう為にも、多少物件の値段が上がるとしてもリゾート地という条件は捨てるべきでは無いのです。その点エリア全体がリゾートとなっている沖縄を始めとした南国の離島には掘り出し物の物件も多く、これら店舗の開業チャンスは多い事でしょう。

アットホーム感を演出する住宅地内の物件

中には住宅地内に点在する店舗物件も見られますが、これらを利用しての開業が有利なのは軽喫茶店やマッサージサロンを始めとして、地元住民に愛されるアットホームな雰囲気なジャンルの商売でしょう。地元住民以外の集客を望むのは大変難しいですから、いかにして地元住民の心を掴むかが大切となる訳です。逆に自らがその住宅街の住民であれば、近所付き合いを通して店舗の宣伝やPRを行える訳ですから、考え方一つで大変有利なロケーションとなってきますよね。

店舗物件とは飲食店などに利用できる物件です。居抜きと呼ばれる前の入居者の設備が残った物件を探せば、初期投資を抑えて飲食店を開業できます。