ご近所トラブルを防ぐ!賃貸の暮らしで気を付けたいマナー

衛生問題にも関わってくるマナー

賃貸住宅の中にはマンションやアパートなど大勢の人達が生活する集合住宅が存在しています。そのような場所で暮らす場合、マナーを守らなければご近所トラブルが発生してしまうのです。特に気を付けたい事と言えばゴミ出しの問題が挙げられます。ゴミの収集日は地域によって異なりますので、住まいのルールに乗っ取って所定の場所に出さなければいけません。収集日の前日に当たる深夜にゴミを出して良い場所もあれば、明け方にならなければ出せない場所もあります。

時間帯に応じて気を付けたい音の問題

他にも賃貸住宅で暮らす時に良くトラブルが発生するのが「音」の問題です。遮音性能の低いマンションの場合、深夜のエレベーターを禁止している場所もありますので注意しましょう。また深夜の場合、階段を上がる足音や扉の開け閉めも大きな音を出さないように気を配る必要があります。深夜はあらゆる家庭が寝静まっていますので、日中は気にならない音でも迷惑になってしまう事があるのです。自宅に帰った後は洗濯機やドライヤーの音に注意しましょう。

子供の事を考えてメリットがある

賃貸でも持ち家と同じように生活する以上地域社会との関わりが生まれます。場所によっては自治会の役員を頼まれる事もありますので、考えておきましょう。こうした役員に参加すれば地域で開催する催し物のプランニングや実行にも関与できます。お子さんを育てている場合、地域の人達と関わるほど防犯の安全性が向上しますのでメリットが大きいと言えます。また賃貸住宅によっては建物周辺の草むしりを住人達が行なう場所も存在しています。こうした作業は人間社会で暮らして行く上で欠かせないものですから、できるだけ参加してみましょう。

北海道といえば札幌です。札幌の賃貸はどうなのでしょうか。安すぎず高すぎずといったところでしょうか。駅前に近いところでも安いのはあるので探してみることをお勧めします。