賃貸物件選びで注意したい!昼間だけでは無く夜も内覧をした方が良い理由

内覧には昼間にまずは行くべきです

賃貸選びでは、まずは昼間へ行く事が大切です。昼間では、日当たりが分かりません。夜、見学へ行ったとしても、きちんと日当たりは分からないです。照明器具が付いていない所もあります。その場合、暗闇の中で内覧をしなければなりません。それで十分な見学をする事は出来ないです。特に日当たりについては、周囲に高い建物があれば光は遮らる事も考慮に入れなければなりません。夜では満足出来る程のチェックは出来ないです。だから昼間に見学へ行きましょう。

昼間だけでは無く夜にも行きましょう

基本的に賃貸物件の内覧は昼間に行くのが肝心です。しかし、昼間だけに行って満足をしてはいけません。夜もきちんとチェックしておいた方が無難です。何故かと言えば、昼間と夜とでは環境が全く変わるケースがあります。昼間は静かだったけれど、夜になると近くに飲み屋等があって一気に騒がしくなる事も考えられるからです。だから、内覧は昼間だけでは無く、時間帯を変えて夜にも行ってチェックをする方が失敗を少なくする事が出来るでしょう。

夜にもチェックした方が良い理由は他にもあります

夜に内覧をするのは他にも理由があります。それは、音の問題です。平日の昼間で内覧をしたとします。その時、多くの部屋では仕事に行っている可能性が高いです。しかし夜になったら、家に帰って来ますよね。その時に、大声を発したり、暴れたりするような人が近くに住んでいるかもしれません。夜に内覧をすれば、昼間には分からなかった環境をチェックする事が出来るのです。慎重にすればする程、失敗を少なくする事が出来るでしょう。

函館市の賃貸は、定価格の物件も多くあるのでとても人気があります。交通の便も良いのでファミリー向けも多いです。

マンションリフォームをスムーズに!事前準備が不可欠

マンションでは欠かせない!規約や細則の事前確認

マンションでは、管理規約でリフォームできる範囲などを定めていますよね。そこで、ルールをキチンと再確認してからプランニングする必要がありますね。覚えているつもりでも、もう一度、管理規約を読み直したほうがよいでしょう。リフォームできる範囲は、おおむね住戸の室内側の表面部分までですよね。さらに、管理規約以外にも、使用細則などで、住戸で利用できる設備、建材などを定めている場合がありますね。よくあるのは、床の材質や遮音性能に関する制限で、これは近隣の生活騒音に影響する性能だからなんですよ。

近隣対策や挨拶などはキチンと!

リフォームするからには、当然その場所にこれからも長く住み続けるわけですから、近隣挨拶はキチンとしておきたいものですよね。これは、戸建て住宅でもマンションでも同様ですよね。工事によって騒がしくなることを伝え、おおむねの工事内容と工事期間を説明しておくといいですね。挨拶する範囲や、タオルなど簡単な品を用意するかなどは、あくまで、施主の気持ち次第ですよ。全国一律で、こうするといった定めもありません。ただ、場所ごとの慣例を確認してから動いたほうが無難ですね。

十分に打ち合わせたい工事の段取り!

工事の段取りについては、特に大規模なリフォームの場合、仮住まいに移って工事するか、住んだまま工事するかという問題がありますよね。最近は、住みながら行うリフォームに対応する業者が多く見られますね。工期は長くなる代わりに、仮住まい費用を節約できる方法ですね。キッチンの場合、食事のしたくができない期間ができますよね。しかし、全工事期間中、使えないわけではないんですよ。1週間程度、外食などで我慢すれば、仮キッチンを使えるようにしてもらえますよ。こうした段取りも、納得してから契約することが大事ですね。

マンションリフォームは古くなった設備などを新しくすることで、快適に暮らせる環境を作ることが出来ます。

古くなった外壁はリフォームで綺麗にしよう!

外壁塗装には種類がある?

一軒家を立てた場合、20年も経つと少しずつ色々な個所が劣化したり壊れてきてしまいます。家を購入したら修繕費は必ずかかるお金ですよね。部屋の中だけでなく雨や風に吹き曝しになっている外壁も劣化してきてしまうのです。外から見えてしまう外壁はぼろぼろになってしまうとみっともないですよね。そんな外壁はリフォームする事によって綺麗にそして丈夫にすることができるのです。外壁塗装にはいくつかの種類があるので価格や耐久性で選ぶ事ができるのですよ。

耐久性が5年から10年の塗料とは?

初めて外壁にリフォームをする場合塗料はどれがいいのか?と疑問に思ってしまいますよね。外壁塗装にはいくつかのグレードがあるのですよ。価格を抑えてリフォームしたい場合にはアクリル樹脂塗料がおすすめです。透明度が高く高温にも耐える特徴がありますが、耐久性はそれほど長くなく5年~6年ほどとなっています。アクリルよりもグレードが上なのがウレタン樹脂塗料です。これは10年ほど前には一番利用されていた塗料で8年~10年と耐久性も長めになっているのですよ。

耐久性が10年以上の塗料とは?

外壁塗料には他にも種類があるのですよ。価格や耐久性などのバランスが良く、近年利用されているのがシリコン樹脂塗料です。10年~15年と耐久性が高くなっています。そして最も高価で耐久性が高いのがフッ素樹脂塗料です。耐久性は15年~20年と長いので何度も塗り替えは必要がなくなりますよね。このように外壁塗料にはいくつか種類があるので、リフォームの際には自分の家にはどれが適しているのかリフォーム会社と相談して決めると良いでしょう。

アパート塗装なら千葉では、塗装内容や塗装施工期間、塗装の種類などによって費用が異なるので確認が必要です。

住まいを探すなら賃貸物件の周りの環境に注目!

周りに駅やバスはある?公共交通機関が利用できる物件

賃貸物件を探すには、立地は重要なポイントです。物件の周りに公共の交通機関が整っているかは、確認しておきたい部分です。駅が近いかどうかは特に重要です。通勤通学で鉄道を使う機会が多いため、徒歩圏内で駅がある方が有利ですね。バスの停留所が賃貸物件の周りにあるかどうかも確認しておくと、いざという時に助けになります。移動に便利な場所にある物件は、せいかつやしごとにとってべんりであるだけに、できるだけ優先的に選ぶ価値があります。

スーパーやコンビニが近い!買い物が便利な賃貸物件

毎日生活するとなると、食料や日用品の確保が欠かせません。毎日の買い物となると、近隣にスーパーなど商業施設が合った方が便利です。また賃貸物件によっては、建物の中になんらかの商業施設が入っているといったものもあります。建物内に商業施設があると、たとえ雨の日でも外に出なくて済むため、大変に便利でしょう。すぐ近くにスーパーやコンビニがある賃貸物件を、積極的に探しておけば、後の生活を送る上で大変に助かりますね。

治安のいいエリアを選ぶ!安心して暮らす賃貸物件選び

暮らしの上でリスクとなるのは、治安です。地域によっては、あまり治安がよくないといったエリアもあります。賃貸物件探しの上で、つい見逃してしまいがちな点が治安であるかもしれません。日本は治安がいい国ではあるものの、それでも場所によって犯罪発生件数には違いがあります。できるだけ犯罪の発生可能性が少ない安全な場所を選べば、賃貸物件での暮らしにも高い安心感が得られるでしょう。安心して長く暮らせる環境は貴重です。

札幌市清田区の賃貸マンションの大きな特徴は、防犯セキュリティから強度の面まで、安全性が抜群に良いのが大きな特徴となっています。

ペットも一緒に住みたい!ペット可の賃貸物件を見つけるには

希望条件を再考してみるのもコツ

ペットを飼っている方にとって、賃貸物件に引っ越す際に悩むのがペット可の物件が見つかりづらいことですよね。ただでさえ物件数が少ない傾向にあるペット可な物件ですから、条件にこだわりすぎると、ますます条件に合う物件が見つからなくなってしまいがちです。なかなか見つかりにくい時は、住みたいと考える駅であったり路線の幅を広げてみて、その地域の中で条件に合うような物件数をまず調べてみましょう。そのうち、全ての条件に合うとは言えないけれど、8割程度条件に合いそうな物件であれば、実際に内見して妥協点を探りましょう。

なるべく柔軟な考えで選ぶ

賃貸物件を探していく時によく条件に挙げられるのが、築年数や最寄駅までの距離ですよね。現在住んでいる物件が駅から歩いて5分の場所にあると、次に探す部屋が駅まで徒歩15分程度の場所にある場合、少し遠いと思ってしまいがちです。でも、15分という時間は、例えば自転車を利用すれば近いと感じるような距離です。そして、築年数が古いものでも、リフォームが入っていて思っていたより内装も綺麗な感じの物件が多いので、ペット可な物件を探している方は、柔軟な考えを持って探してみましょう。

ペット可物件はペットが好きな方に聞いてみる

ペットと一緒に住むことができる物件を探す際に、不動産会社に聞いてみるという方法もありますが、それでも、「犬は大丈夫だけれど猫の場合は不可」というように細かい条件が付いていたりして、見つけるのが難しいこともあります。そんな時には、ペット好きの仲間に聞いてみるのもお勧めです。ペットと一緒に暮らしている方の中には、ペット可物件に実際に暮らしている方もいるかもしれませんし、ペット可能な物件を多く扱っている不動産会社の情報が得られる場合もあるからです。

札幌市東区の賃貸マンションは、賃貸なのでいつでも引っ越すことができます。ですので、転勤などが多い人にも最適な賃貸マンションです。

中古マンション購入時の注意したいポイント

中古マンション購入時は、建築年月をチェック!

中古マンションは、建築年月を最初にチェックする事をお勧め致します。建築年月は、建築基準法改正後の耐震基準に基づいた耐震設計をされているか等を判断材料となります。改正された年は「1981年(昭和56年)」になります。この年より前であれば、「建築基準法改正前の耐震基準」で建築されている事になります。改正前のマンションであれば、新耐震基準に基づく耐震化工事をされているかどうかを不動産業者に聞いて教えて貰うをお勧め致します。

中古マンション購入時は、物件の水周りをチェック

中古マンションは、室内の内装の綺麗さより、水周り設備のチェックをお勧め致します。水周りは日常生活の中で使用する頻度が高いので、経年劣化が通常より進行しているケースがあります。また水周りの配管は、目に見えない部分なので「排水パイプ内が詰まっている場合」や「経年劣化によるパイプが腐食している場合」があります。建築年数が経過している中古マンション購入時には、水周りのリフォーム工事の有無を確認される事をお勧め致します。

修繕積立金の未払い残額のチェック

中古マンション販売価格で、他物件に比較すると格安な場合等があります。このような場合には「修繕積立金の未払い残額」があるかどうかのチェックをすることをお勧め致します。売主が修繕積立金を払う事が出来ずに滞納しているケースがあります。このような場合には、「修繕積立金の未払い残額」があり、残額分を「販売価格」より差引いているケースがあります。格安物件の場合には、「販売価格」と「修繕積立金の未払い金額」を足した上で、販売時の合計金額となります。意外な落とし穴なので注意する事をお勧め致します。

新築マンションは、外観や内装、設備など、全ての部分において新しい状態となっているため、より快適に暮らすことができます。

雰囲気作りはやっぱり大事!飲食店舗物件にマッチするロケーションとは

飲食店でもジャンルによって異なる

同じ飲食店でも、そのジャンルによってベストな周辺環境は大きく変わってきます。例えば喫茶店でリラックスタイムを過ごしたい時、周囲が騒々しい繁華街の裏通りでは気分が台無しになってしまいますよね。洒落た喫茶店やレストランを開業したいのであれば繁華街でも高級感溢れ落ち着いた通り沿い、逆に大衆食堂や立ち食いそば店・ラーメン店を始め、客の入れ替わりが激しく集客やアクセス利便性を重視したい場合なら、駅近くの裏通りや多少騒々しい商店街の中の方がむしろ雰囲気的にマッチしているものなのです。

テーマ性を重視するならリゾート物件も視野に

サーフショップの併設カフェを始めリゾート色の強い飲食店を開業したいのであれば、直球勝負で有名リゾート地やその周辺エリアに店舗候補を探すのがベストでしょう。これらの店舗はより雰囲気造りや周辺環境が大事で、お客様にリゾート気分を満喫してもらう為にも、多少物件の値段が上がるとしてもリゾート地という条件は捨てるべきでは無いのです。その点エリア全体がリゾートとなっている沖縄を始めとした南国の離島には掘り出し物の物件も多く、これら店舗の開業チャンスは多い事でしょう。

アットホーム感を演出する住宅地内の物件

中には住宅地内に点在する店舗物件も見られますが、これらを利用しての開業が有利なのは軽喫茶店やマッサージサロンを始めとして、地元住民に愛されるアットホームな雰囲気なジャンルの商売でしょう。地元住民以外の集客を望むのは大変難しいですから、いかにして地元住民の心を掴むかが大切となる訳です。逆に自らがその住宅街の住民であれば、近所付き合いを通して店舗の宣伝やPRを行える訳ですから、考え方一つで大変有利なロケーションとなってきますよね。

店舗物件とは飲食店などに利用できる物件です。居抜きと呼ばれる前の入居者の設備が残った物件を探せば、初期投資を抑えて飲食店を開業できます。